電子タバコならインプラントに悪影響を与えない?

MENU

電子タバコならインプラントに悪影響を与えない?

タバコが健康に悪いという事は、周知の事実です。
しかしながら、タバコがインプラントにも悪影響を及ぼす事を知っていますか?
では、タバコがインプラントに与える悪影響について紹介します。

 

まずタバコには、ニコチンという成分が含まれています。
ニコチンには、毛細血管を収縮させる働きがあり、タバコを吸う事で血行の流れが悪くなってしまいます。
そうすると、当然歯茎の毛細血管も収縮し、インプラントと骨の結合率が低下してしまいます。

 

そのためインプラント治療が失敗したり、治療自体は成功しても、耐用年数は明らかに短くなってしまったりします。

 

他にもタバコを吸う事で、白血球は減少してしまいます。
体内で白血球が減少すると、免疫力が低下し、ウィルスへの感染のリスクが高まります。
さらにタバコを吸う事で、唾液自体も減少するため、さらに口内の免疫力は低下してしまいます。

 

インプラントは、人工歯なので虫歯菌には感染しませんが、歯周病菌には感染します。
そして歯周病にかかってしまうと、インプラントを埋め込んだ部分が脆くなり、グラついたり、抜けてしまったりします。

 

まさにインプラントにとって、タバコとは百害あって一利なしだと言えるでしょう。
ですが喫煙者が禁煙する事は、かなり大変な事です。
ではタバコから電子タバコに、切り替えた場合は、インプラントに与える悪影響はどうなるのでしょうか?

 

多くの人は電子タバコの方が、害が少ないと思っています。
しかし電子タバコも、タバコの一種である事に違いはありません。
そのため電子タバコに切り替えたところで、インプラントに与える悪影響は変わりません。

 

結局のところ、インプラントの人工歯を大事にしようという考えがあるのであれば、タバコも電子タバコもきっぱりと止めるべきだと言えるでしょう。

 

 

関連ページ

インプラント治療とは?
インプラント治療とは?
インプラント治療が必要なケースとは?
インプラント治療が必要なケースとは?
インプラントの術後のケアは必要なの?
インプラントの術後のケアは必要なの?
インプラント治療はなぜ長期間かかるのか?
インプラント治療はなぜ長期間かかるのか?
治療費用がクリニックによって大きく異なるのはなぜ?
治療費用がクリニックによって大きく異なるのはなぜ?
歯周病でもインプラント治療を受けることができるのか?
歯周病でもインプラント治療を受けることができるのか?
インプラント治療を行う歯科医院の選び方は?
インプラント治療を行う歯科医院の選び方は?
インプラントの治療期間と治療費はどれぐらい?
インプラントの治療期間と治療費はどれぐらい?