オールオンフォーとオールオンシックス

MENU

オールオンフォーとオールオンシックス

歯を失いインプラント治療を行う場合、歯を失った本数によって治療法は変わってきます。
失った歯が数本程度であれば、1本1本インプラントを埋入するのが一般的です。
しかし全ての歯を失ってしまった場合、1本1本インプラントを埋入していると、数が多すぎてインプラント治療に時間もお金も使い過ぎてしまいます。

 

そのため全ての歯を失った場合は、オールオンフォーと呼ばれるインプラント治療が行われます。
インプラントを1本1本埋入しなくても、特殊な技術を用いれば、必要最小本数は4本で全てのインプラントを支える事が可能になります。

 

インプラントの治療は時間がかかるというイメージが強いかもしれません。
ですがオールオンフォーの治療により、手術当日に固定式の仮の歯を入れるため、自分の歯で食事出来るようになり、機能面も見た目も総入れ歯と比較すると、格段にアップしたと言えるでしょう。

 

また従来のインプラント治療では、骨の厚みが薄いと骨の移植から治療を始める必要がありました。
しかし、オールオンフォーの治療の場合は、4箇所のみの埋入となるので、比較的骨が厚いところを選んで埋入することが出来ます。
そのため骨の厚みが薄くても、インプラント治療を受けることが可能になったのです。

 

オールオンフォーは、4本のインプラントで全体のバランスを整えますが、オールオンシックスでは、6本のインプラントで全体のバランスを整えます。どちらの治療の方がメリットが多いの?と思う人もいるかもしれません。
4本よりも6本の方が、支える力が分散されるため、顎にかかる負担は減少します。
しかし2本分多くインプラントを埋入するため、4本と比べると治療にお金と時間がかかります。

 

また骨の状況によって、判断が異なってくるので、自分の場合はオールオンフォーとオールオンシックスのどちらがいいのか、歯科医に相談してみるといいでしょう。

 

れおファミリー歯科