インプラントの術後のケアは必要なの?

MENU

インプラントの術後のケアは必要なの?

天然の歯は虫歯になりますがインプラントは虫歯にはなりません。
だからと言って術後のケアを行わないのは大きな誤りなのです。

 

アフターケアが十分でないとインプラントの周囲に歯周病が発生し、
人工歯根を支えている顎骨を溶かしてしまうのです。

 

インプラントは神経を持たない人工物ですから、
歯周病に罹っても痛みもなく徐々に進行してインプラントが動き出してしまいます。

 

さらに歯周病が進行すると顎骨が人工歯根を支えられなくなり、
除去が必要になるのです。

 

術後のクリニックでのケアが必要な理由は、
噛み合わせの状況や人工歯のゆるみをチェックし、メンテナンスするためです。

 

天然の歯はわずかに移動する性質があって
噛み合わせをベストな状態になるよう自然に調整してくれますが、
インプラントは骨に直接結合させているため、
自然に噛み合わせを調整してくれません。

 

そのため、何らかの原因で噛み合わせが変化したときには、
インプラントに過重な負担がかからないよう噛み合わせの修正が必要なのです。

 

一般的に行われているインプラントの術後のケアは次のとおりです。

 

日常のケアでは、
正しいブラッシング法で朝夕・食後のブラッシングの習慣を身につけることが必要です。
歯と歯肉の境目のブラッシングを念入りに行います。

 

クリニックでのケアは、
歯周病予防として3〜6カ月に1回くらいのペースで
定期的に検診とアフターメンテナンスに行くことが重要です。
メンテナンスでは人工歯のゆるみと噛み合わせのチェックとメンテナンスを行います。
駒沢付近で歯科をお探しならTeoデンタルオフィスがおすすめです。