審美矯正・インプラント治療を同時に行う

MENU

審美矯正・インプラント治療を同時に行う

インプラント治療とは、抜けてしまった歯を人工歯で補う治療方法です。
ですが歯が抜けてしまった際に、歯肉が下がってしまったり、黒ずんでしまったりする事がよくあります。
せっかくインプラント治療によって、キレイな歯を取り戻す事が出来ても、歯肉の状態が悪いと歯がキレイに見えません。
そこでオススメしたいインプラント治療が審美矯正・インプラント治療を同時進行で行う治療法です。

 

歯並びを改善したいと思う方におすすめのサイトはこちら

 

では審美矯正・インプラント治療を行うメリットとデメリットについて紹介します。
まずメリットは、矯正治療によって骨と歯肉の再生が可能になります。
インプラント治療においても、骨の密度が少なかったり、歯肉が下がっていたりすると骨再生や歯肉移植を行う必要があるケースも少なくありません。

 

ですが矯正治療を行えば、骨再生や歯肉移植の手術を行う必要がありません。
そして手術を行う必要がないので、歯肉にダメージが残らず、歯肉が硬くなる心配もありません。

 

もちろん審美矯正治療ですから、見た目もキレイに仕上がり、キレイな歯とキレイな歯肉を手に入れる事が出来ます。
ただ審美矯正・インプラント治療を行う上でデメリットがあります。
それはインプラント治療の他に、審美矯正治療も行う必要があるので、治療に時間とお金がかかってしまいます。

 

インプラント治療はただでさえ、治療に時間とお金がかかってしまいます。
そのため負担が増すと言えるでしょう。
加えて、インプラント治療を行っている歯科医院の全てが、審美矯正治療も行っている訳ではありません。

 

なので、審美矯正治療も行えて、インプラント治療の上でもいい歯科医院を探すのに苦労するかもしれません。