傾斜埋入インプラントについて

MENU

傾斜埋入インプラントについて

インプラント治療を行う場合、骨にインプラントを埋入する必要があるため、骨に厚みが必要となります。
しかし人によっては、その厚みが不足している人も少なくありません。
その場合に、骨を移植するという方法もありますが、骨を移植すると骨が固定されるまでに半年程度の時間が必要です。

 

もっと早くインプラント治療を行いたいという人に、オススメの方法が傾斜埋入インプラントです。
通常インプラントとは、骨に対して垂直に埋入を行います。
しかし、骨の厚みが不足している場合は、インプラントの埋入を行う事が出来ません。
ですが骨が残っている部分に、斜めに埋入を行う方法が傾斜埋入インプラントなのです。

 

立川にある最新設備を整えた歯医者で受けることができます。

 

傾斜埋入インプラントの治療を行うメリットは、治療期間が大幅に短縮されること。
そして骨移植を行う必要がないため、身体への負担も軽減させることが出来ます。
そのため従来の骨移植を行う治療法・サイナスリフトよりも、最近は傾斜埋入インプラント治療の方が人気があります。

 

ただし注意点としては、患者が傾斜埋入インプラント治療を望んだとしても、全ての歯科医院で応じられる訳ではありません。
ノーベルバイオケア社のインプラントシステムを導入している歯科医院であることが必須です。
(ノーベルバイオケア社しか、傾斜埋入の補正を行える角度つきマルチユニットアバットメントを発売していないためです。)

 

加えて、傾斜埋入インプラント治療の方が、通常のインプラント治療よりも高度な技術が必要となります。
そのため歯科医の技術力が問われるため、腕のいい歯科医がいる歯科医院を選ぶ必要があります。