インプラントのメンテナンスの重要性について

MENU

インプラントのメンテナンスの重要性について

インプラント治療を行う事で、まるで自分の歯のように噛む事が出来るようになります。
そのため会話の発音がよくなりますし、食事の不自由さもなくなり、日常生活が快適に送れるようになります。
しかしながらインプラント治療は、治療が終われば終了という訳ではありません。

 

天然の歯と比べると、どうしてもメンテナンスが必要となるため、定期検診が必須だと言えます。
口の中には、多くの菌が存在しています。
その中には、虫歯菌や歯周病菌も存在していて、人工歯だから、虫歯になる事はありません。

 

ですがインプラント周囲炎と呼ばれて、インプラントでも歯周病と同じような症状が現れてしまいます。
人工歯で神経が通っていないからこそ、自覚症状がなく、症状が悪化するまで気づく事が出来ません。
インプラントは人工歯と比べて、免疫力が弱く、菌に感染しやすいと言えます。

 

インプラント周囲炎の症状が悪化すると、せっかく埋め込んだインプラントを取り除かなければいけない事態に陥ってしまいます。

 

なので、3ヶ月に1度のペースで定期検診に通い、インプラントに異常はないか確認してもらう事をオススメします。

 

 

 

インプラント治療で、品質のいい素材を使用していてもキチンとメンテナンスを行わなければ、耐久性は損なわれます。
せっかくお金と時間をかけてインプラント治療を行ったのですから、アフターケアもしっかりと行い、長く使用する事を心掛けましょう。

 

ちなみにインプラントのメンテナンスでは、汚れの除去、レントゲンにより骨の状態の確認、噛み合わせの確認などがメインで行われます。

 

またメンテナンスを定期的に受けていないと、万が一インプラントで欠ける、割れる、脱落するなどのトラブルが発生した際に、インプラント保証制度が適用されなくなってしまいます。