前歯のインプラント治療は難易度が高い?

MENU

前歯のインプラント治療は難易度が高い?

虫歯や歯周病が原因で、歯を失う場合は、磨き残しが多い奥歯である可能性が高いでしょう。
ですが、正面衝突事故や転倒などで、前歯を失うという人もいます。
そして前歯は、特に口を開けると目立つ場所なので、インプラントにしたいと思うはずです。

 

しかしながら、「前歯のインプラントは治療がしにくい」と言われています。
ではなぜ前歯のインプラントは、治療がしにくいのでしょうか?

 

前歯にインプラントは治療がしにくい理由は、大きく分類すると2つの原因が考えられます。
まず1つ目は、前歯は奥歯に比べると、顎の骨が薄いためです。
インプラント治療では、インプラントを顎の骨に埋め込みます。

 

そのため、埋め込む骨が薄いと、それだけ難易度が上がると言えるでしょう。
2つ目は、前歯は歯茎も痩せやすいという点です。
インプラントは、顎の骨に埋め込み、歯茎もインプラントを支えています。

 

歯茎が痩せてしまうと、支えを失う事になるので、せっかく埋め込んだインプラントが抜けてしまいます。

 

そのため、前歯のインプラント治療を行う際には、多くの人が骨を造る治療や歯茎を移植する治療を行う必要があります。

 

インプラント治療を行う前に、やらなければいけない工程が増える分、治療の難易度が上がるという訳です。
さらに言えば、工程が増える分、治療費も奥歯と比べて前歯の方が高額です。
ですが、奥歯が1本なくても、目立ちませんが、前歯が1本ないと、悪目立ちをしてしまうため、治療を受けないという選択肢は残されていません。

 

なので、前歯のインプラント治療の難易度が上がる分、歯科医の技術力も問われる事になるので、奥歯よりも前歯のインプラント治療をする方が歯科医院選びも重要になってきます。