インプラント治療が必要なケースとは?

MENU

インプラント治療が必要なケースとは?

歯を失ってしまった場合、治療方法は、
インプラント治療以外にもブリッジや入れ歯という選択肢もあります。

 

確かにインプラント治療なら、1番自分の歯に近い状態に治す事が可能です。

 

ですが、どんな人にとっても、インプラント治療が最適なのか?というと
一概にそうとは言えないケースがあります。

 

まず最初にブリッジと入れ歯の、
メリットとデメリットを簡単に説明したいと思います。

 

ブリッジとは、失った歯の両側の歯を削り、
両側の歯が人口歯を冠をつなげる事で支える治療法です。
メリットとしては、保険が適応される事ですが、デメリットとしては、
健康な両側の歯を削る事になるため、歯への負担が大きい点です。

 

入れ歯も保険が適応されます。
入れ歯のデメリットは取り外さないといけない点と、
入れ歯は安価ですが、オーダーされて作るのではなく、大量生産品です。
そのため歯や口のサイズに合っておらず、
違和感や顎への負担が大きいと言えるでしょう。

 

ブリッジと入れ歯のメリットとデメリットを考慮して、
考えた場合やはり長期間の使用を目的とした場合は、
お金と時間がかかっても、インプラント治療が1番いいという結果になります。

 

ただし、インプラント治療は外科手術が必要となります。
そのため健康に問題がある場合は、
インプラント治療が行えないケースがあるので、注意が必要です。

 

高齢者や妊婦中の方、また糖尿病などの全身疾患の方、
骨粗鬆症の方、ヘビースモーカーの方など治療が困難となります。

 

病気疾患がある場合は、インプラント治療を行う前に、
歯医者に治療が可能かどうか確認をしてみましょう。
インプラント治療を信頼の置ける歯科でおこなうなら、八王子にあるオハナ矯正歯科がおすすめです。http://ohana-dental.com/