サイナスリフトとソケットリフトについて

MENU

サイナスリフトとソケットリフトについて

インプラント前に行う骨造成手術には、サイナスリフトと呼ばれる方法と、ソケットリフトと呼ばれる方法があります。
では、この2つの治療の違いについて紹介していきます。

 

まずサイナスリフトとは、骨が薄すぎてインプラントの治療が難しい場合や、欠損している歯の本数が多い時に選ばれる治療法です。
歯の生えていた部分からアプローチをするのではなく、その側面の歯茎からアプローチを行います。
側面の歯茎から骨移植を行い、まずはインプラントの土台となる部分の骨をしっかりすることに時間を費やします。

 

3〜6ヶ月程度で骨移植は固定されるため、固定したらインプラントの埋入を行い、半年程度経過状態を見てから歯をいれます。
そのためサイナスリフトの治療には、時間がかかるという事を理解しておいて下さい。

 

ソケットリフトでは、骨に3〜5ミリ程度の厚みがある事が前提となります。
最低限の厚みがある場合は、骨の移植とインプラントの埋入を同時進行で行う事が出来るため、歯を入れるまでにかかる時間は3ヶ月程度になります。
またサイナスリフトと比較した際に、ソケットリフトの方が身体への負担が少なく、治療時に腫れや痛みが少ないのがポイントです。

 

骨の厚みに関しては、個人差がありますが、インプラントとは元々歯が抜けてしまった人が行う治療です。
そして歯の抜けた原因は虫歯や歯周病などの口内環境の悪化が原因です。
つまり歯が欠損した状態で、長期間放置していると、骨の厚みは薄くなってしまいます。
なので、インプラントの治療を行うのは、歯が欠損した場合は、なるべく早く決断する方が治療に時間もお金もかからないと言えます。

 

骨造成手術は地元で長く歯医者を営む本厚木歯科クリニックのように、信頼できる医院に頼みたいですね。