コンピューターインプラントで安全性アップ

MENU

コンピューターインプラントで安全性アップ

インプラント治療は、日々進化を遂げています。
そしてその進化に一役買っているのは、コンピューターの存在です。
インプラント治療とは、従来目視するのが難しいため、歯肉をメスで切開する必要がありました。

 

ですがインプラント治療にコンピューターを導入する事で、目視しなくても正確性や精度が増し、安全な手術が行えるようになってきています。

 

ではインプラント治療において、コンピューターの役割をいくつか紹介していきます。
まずコンピューターが三次元的に、骨の高さや幅、骨密度、骨の硬さなど骨の状態を把握してくれます。
そして骨の状態を把握した上で、神経までの正確な距離を把握します。

 

そしてインプラント治療の施術を行う前に、シミュレーションとして、コンピューター上でインプラントの埋め込み新しい歯を作製する事が出来ます。
シミュレーションを行う事で、インプラント治療で失敗のリスクを抑える事が出来ます。
またシミュレーションにより、インプラントを理想の位置で埋め込む事が可能になります。

 

従来のインプラント治療は、歯科医の経験や勘に頼る部分が多くありました。
しかしいくら経験を積んだ歯科医であっても、間違えてしまう事があります。
ですがコンピューターを治療に導入する事で、今まで見えなかった部分をデータにより明確に知る事が可能になります。
そのため安全性と治療のクオリティを高める事が可能です。

 

インプラント治療で、歯科医院を選ぶ場合は、治療にコンピューターを導入しているかどうかの判断基準は設備を見れば分かります。
CT撮影を行い、さらに特殊なシュミレーションソフトを活用しているところを選ぶ事をオススメします。

 

さとり歯科医院http://satori-dental.com/

関連ページ

審美インプラント治療について
審美インプラント治療について
骨造成を行わないインプラント治療法について
骨造成を行わないインプラント治療法について
インプラント治療はなぜ高額なのか?
インプラント治療はなぜ高額なのか?
審美矯正・インプラント治療を同時に行う
審美矯正・インプラント治療を同時に行う
インプラントのメンテナンスの重要性について
インプラントのメンテナンスの重要性について
痛みが少ないインプラント治療について
痛みが少ないインプラント治療について