インプラント技術について

MENU

インプラント技術について記事一覧

 

インプラント治療を行う場合、骨にインプラントを埋入する必要があるため、骨に厚みが必要となります。しかし人によっては、その厚みが不足している人も少なくありません。その場合に、骨を移植するという方法もありますが、骨を移植すると骨が固定されるまでに半年程度の時間が必要です。もっと早くインプラント治療を行いたいという人に、オススメの方法が傾斜埋入インプラントです。通常インプラントとは、骨に対して垂直に埋入...

 
 

歯を全て失ってしまった場合は、総入れ歯にするか、オールオンフォーと呼ばれるインプラント治療がオススメです。しかしながら、ほとんどの歯を失ってしまったけれど、数本だけまだ歯が残っているという人もいるでしょう。この場合、失った歯を1本1本インプラント埋入するのは大変ですが、かといって歯が残っている状態では総入れ歯やオールオールオンフォーをすることもできません。残っている歯が抜けるまで待つのであれば、そ...

 
 

歯を失いインプラント治療を行う場合、歯を失った本数によって治療法は変わってきます。失った歯が数本程度であれば、1本1本インプラントを埋入するのが一般的です。しかし全ての歯を失ってしまった場合、1本1本インプラントを埋入していると、数が多すぎてインプラント治療に時間もお金も使い過ぎてしまいます。そのため全ての歯を失った場合は、オールオンフォーと呼ばれるインプラント治療が行われます。インプラントを1本...

 
 

インプラント前に行う骨造成手術には、サイナスリフトと呼ばれる方法と、ソケットリフトと呼ばれる方法があります。では、この2つの治療の違いについて紹介していきます。まずサイナスリフトとは、骨が薄すぎてインプラントの治療が難しい場合や、欠損している歯の本数が多い時に選ばれる治療法です。歯の生えていた部分からアプローチをするのではなく、その側面の歯茎からアプローチを行います。側面の歯茎から骨移植を行い、ま...